肌がきれいな女性

肌の老化トラブルの中でも、多くの女性の悩みの一つとなっているのがシミです。肌にできてしまったシミには様々な種類があり、原因とされるものが全て同じとはいわれていませんが、老人性色素斑と呼ばれる一般的なシミは紫外線によるダメージが主な原因だといわれています。紫外線は目には見えないため、紫外線量が多くなるといわれている夏以外は日焼け止めを使用するなど紫外線対策を念入りに行わない方は少なくありません。しかし1年を通して紫外線は常に降り注いでおり、自宅にいた場合でも窓を通り抜けるためダメージを受けるといわれています。そのため曇りの日であっても、きちんと日焼け止めを塗ることが重要だといわれています。

そもそも紫外線を浴びることで受ける肌のダメージには、肌本来のバリア機能が低下することが挙げられます。肌の表面には水分の蒸発を防ぎつつ、刺激物や微生物が肌に侵入するのを防ぐためのバリア機能と呼ばれる保護層があります。肌のコンディションが良い状態はこのバリア機能が正常に働いているのですが、紫外線によるダメージを受けると皮脂の酸化により保護層全体の働きを弱めてしまうのです。そうなると通常は強いダメージを受けない肌も、バリア機能の低下により紫外線によるダメージを直接受けてしまい、肌内部に存在するメラノサイトが刺激を受けて肌を保護しようとメラニンを生成します。これが過剰に発生するとメラニンが色素沈着を起こしてシミを引き起すメカニズムとなります。肌表面にシミがあらわれると、表皮の奥の層部分まで紫外線が透過したというサインでもあるので、その上にある層は全てダメージを受けていると判断することができます。

年齢を重ねると、若い時に比べて肌の老化が進行するのは自然なプロセスだとされますが、若い頃から過度にダメージを受け続けている場合、通常よりも肌の老化が一気に進行して年齢よりも肌質の老化トラブルが目立ちやすくなることがわかっています。老化トラブルというとシミをイメージしますが、他にもダメージによって肌内部のコラーゲンが分解されてしまい、ハリと弾力を与えるコラーゲン量が低下することで肌の乾燥が起こり、たるみやシワなどの症状が起こるといわれています。

そのため少しでも肌を綺麗に、若々しく保ちたいと考えているなら若い頃から徹底的なシミ対策が重要となります。日焼け止めの使用はもちろん、帽子や日傘、手袋やサングラスなどを利用すると、外部からの紫外線から肌を守ることができるようになるので、きちんと対策をしたい方におすすめです。シミができるメカニズムをきちんと理解して、適したスキンケアを心がけるようにしましょう。

記事一覧
トレチノイン配合のレチンAクリームから得られる効果 2020年06月20日

自宅で手軽にシミ治療を行いたいと思っている方を中心に、利用者が増えてきているのがレチンAクリームです。このレチンAクリームには肌のターンオーバーを活発にしてくれ...

効果は抜群!トレチノインとハイドロキノンの併用でシミ対策! 2020年05月21日

顔に出来てしまった非常に目立つシミは、普段のスキンケアだけでは改善していくことは不可能です。日焼け止めや美白化粧品を利用することで、これ以上のシミが濃くなったり...

シミ治療に効果的なトレチノインを含むユークロマプラスクリーム 2020年05月18日

今までシミ治療というと、皮膚科に相談をして外用薬の処方をしてもらったり、レーザー治療などを行う方法が一般的でした。特にトレチノンやハイドロキノンを併用して行う治...

トレチノインがシミの改善に効果的である理由 2020年05月15日

シミにおける治療方法として、多くの皮膚科で取り入れられているのがトレチノインといった外用薬を使用する方法です。トレチノインはビタミンAやレチノールと呼ばれる成分...

シミは皮膚科で治すという発想!シミの治療にはどのようなものがある? 2020年05月13日

加齢に伴い身体には様々な老化トラブルが起こりやすくなります。特に美容の点で多くの方が気にされているのがシミなどの肌トラブルです。近年シミの対策が行える美白化粧品...