• ホーム
  • シミは皮膚科で治すという発想!シミの治療にはどのようなものがある?

シミは皮膚科で治すという発想!シミの治療にはどのようなものがある?

鏡を見ている女性

加齢に伴い身体には様々な老化トラブルが起こりやすくなります。特に美容の点で多くの方が気にされているのがシミなどの肌トラブルです。近年シミの対策が行える美白化粧品は数多く登場していますが、市販されている美白化粧品は基本的にシミの原因となるメラニン生成を抑える効果があるため、既に肌にできたシミの対策を行える化粧品は非常に少ないといわれています。

市販されている美白化粧品をダラダラ使用し続けて、あまり高い効果が得られないという状態になる前に、早めに適切な治療が受けられる皮膚科に受診することをおすすめします。シミは紫外線によってダメージを受けることでメラニンが生成される老人性色素斑をイメージする方は多いですが、そばかすや肝斑など様々なシミがあるため皮膚科で自分の症状は何にあてはまるのか、どんな治療が必要なのか早めに判断してもらうことが非常に重要です。実際にシミの種類を把握せずに、間違った治療方法を続けたことにより症状が悪化してしまったという声も少なくないので、色素沈着が濃く広がってしまう前に早めに対策を行うためにも、皮膚のプロフェッショナルである皮膚科の医師に相談をすることをおすすめします。

老人性色素斑や日光性色素斑と呼ばれる紫外線によるシミは、程度に合わせてビタミンAやビタミンCを超音波導入する方法や、ビタミンCのイオン導入などの治療方法があります。ビタミンAやビタミンCは肌のアンチエイジングに高い効果を持ち、超音波導入やイオン導入などを活用することで肌にしっかり浸透させメラニン部分に作用させていきます。自宅で行える治療としては、トレチノインやハイドロキノンなど外用薬を併用して使用する方法や、光治療や色素レーザー治療など様々な治療方法が用意されています。

女性ホルモンが外部からの刺激によって起こる肝斑などの症状は、光治療やレーザー治療ではかえって色が濃くなるという特徴を持っているので、まずトラネキサム酸を内服したり、刺激を避ける治療を心がけていますし、レーザートーニングと呼ばれる肌に負担が少ない治療方法も注目されています。傷跡やニキビの炎症後に起こる色素沈着によるものに関しては、皮膚表面に色素沈着を起こしているため時間をおけば自然と薄くなるといわれていますが、皮膚科での治療ではケミカルピーリングやビタミンCイオン導入、ビタミンやハイドロキノンの外用薬を使用する方法が有効です。