• ホーム
  • トレチノインがシミの改善に効果的である理由

トレチノインがシミの改善に効果的である理由

スキンケアをする女性

シミにおける治療方法として、多くの皮膚科で取り入れられているのがトレチノインといった外用薬を使用する方法です。トレチノインはビタミンAやレチノールと呼ばれる成分の誘導体であり、通常のビタミンAと比較して約50~100倍もの生理活性化を有している効果が特徴です。実際にトレチノンはアメリカでシワやシミ、ニキビの治療薬としてFDAに認可されている医薬品であり、幅広い肌トラブルを改善する若返り薬としても注目されています。

医薬品を利用する際に多くの方が気にされるのがアレルギーの有無ですが、トレチノンは元々血液中に極微量流れている成分のため初めて使用する場合でも副作用はなく、アレルギーを起こす心配がないことも魅力の一つです。実際に皮膚科などでは、シミの治療方法として肌再生効果の高いトレチノインと、強力な漂白効果を持つハイドロキノンを併用した治療方法が一般的となっています。

では実際にトレチノインはどのような美容効果を与えるのかというと、肌に塗布することで皮膚の角質を剥がすピーリング作用と表皮の肌細胞を分裂、増殖させることで肌再生を促すターンオーバーを活性化させます。そのため年齢と共に肌のターンオーバーが低下して、肌のくすみやゴワつきが気になっていたという肌も、正常なターンオーバーにより色素沈着していたメラニンを排出させ、シミを薄くしていく効果が期待できます。シミの原因となるメラニンは、表皮から深い部分に色素沈着している特徴がありますが、トレチノインでターンオーバーを活性化させることで強制的に外に排出させることができるのです。さらに皮脂分泌をコントロールすることで過剰な皮脂の分泌によるニキビを防ぎ、肌内部のコラーゲンやヒアルロン酸の分泌を高めることで、弾力とハリのある肌や潤いのある肌質に整えてシワや乾燥なども改善することができるメリットを持っています。

肌質を正常な状態に整える作用があることから、大人になってからニキビを繰り返えてしまっているという場合にも非常に効果的で、シミやシワの対策以外にもニキビ治療薬としてもトレチノインは高い効果が得られるといわれているのです。ただ治療を行う上で注意すべきなのが、強力な作用を持っているので初めて使用する時などは反応性の皮膚炎が起こるといわれています。皮膚が赤くなったりポロポロと角質が取れてきますが、これは薬によるかぶれやアレルギーではなくきちんと成分が肌に作用している証拠なので、継続していくとだんだんひりつきや赤みなども目立たなくなっていくので問題ありません。治療開始1週間経っても赤くならない場合は薬の成分が作用していない可能性があるので医師に相談をしましょう。