• ホーム
  • 効果は抜群!トレチノインとハイドロキノンの併用でシミ対策!

効果は抜群!トレチノインとハイドロキノンの併用でシミ対策!

スキンケアをしている女性

顔に出来てしまった非常に目立つシミは、普段のスキンケアだけでは改善していくことは不可能です。日焼け止めや美白化粧品を利用することで、これ以上のシミが濃くなったり、広がってしまうのを防ぐことはできても、加齢によって肌のターンオーバーが低下してしまっている状態で、セルフケアでシミを薄くしていくことはほぼ不可能だと考えている方は多く、加齢だからと諦めてしまう方も少なくないようです。

そんな方はまず皮膚科に相談をすれば、シミの程度や種類に合わせて適切な治療方法を提案してくれるので一度相談をしてみましょう。一般的な老人性色素斑の場合は、肌内部に色素沈着を起こしてしまっているメラニン色素を排出させる方法として、トレチノインとハイドロキノンといった外用薬を併用する方法が治療として用いられています。まずこのトレチノインとハイドロキノンの併用治療は、シミやそばかす、肝斑などの色素沈着の症状からニキビやニキビ跡、毛穴トラブルやあざ、シワなどの症状に有効です。そしてなぜこの2つの外用薬を併用すべきかというと、トレチノインはビタミンA誘導体で、肌に浸透させることによって肌のターンオーバーを活性化させたり、古い角質を排出させるピーリング効果や過剰な皮脂分泌を防いでくれる効果を持っています。継続して利用することで肌内部の潤いや弾力の元となるヒアルロン酸やコラーゲンを生成してくれ、肌再生に非常に重要な役割を持っている医薬品です。

次にハイドロキノンですが、できてしまっているシミを薄くする漂白剤の効果を持っており、メラニン色素を生成する酵素であるチロシナーゼの働きを弱めてメラニン色素を作り出すメラノサイトの数を減少させることができます。トレチノインで肌のターンオーバーを活性化させて、肌の奥深くに色素沈着しているメラニンを強制的に上に排出させていき、ハイドロキノンで肌の漂白を行っていくW効果によって効果的にシミを改善していくことができるのです。

実際にトレチノインとハイドロキノンを利用する場合は、必ず順番を守って利用することが求められています。混ぜて使用することは厳禁で、洗顔をして肌を清潔な状態にしてからシミの目立つ部分にトレチノインを塗布し、完全に乾いた後に上からハイドロキノンを患部から広めに塗っていきます。最後に乳液とクリームで保湿を行って完了です。朝使用する際には必ず日焼け止めを使用しないと紫外線によるダメージを受けやすいので、気をつけるようにしましょう。